新型コロナウイルスの感染が拡大した英国船籍のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、感染者が滞在していた客室内にこの感染者が下船してから17日後もウイルスが残っていた。米疾病対策センター(CDC)が23日にウェブサイトに掲載した調査報告書で明らかにした。ウイルスは客室の表面部分に残っており、接触などで感染を引き起こすかどうかは不明だが、環境によってウイルスの生存期間が2週間を超える可能性が出てきた。

新型コロナ ウイルス17日生存の可能性 クルーズ船客室内 米CDC報告(毎日新聞) - Yahoo!ニュース 【アメリカCDC「ダイヤモンドプリンセスの船内を調査したら室内に付着した新型コロナウイルスは17日経っても元気に生存していた」】の続きを読む